工芸茶専門店CroesuS - クロイソス - 株式会社メルキュール Home Access Contact
クロイソスについて 工芸茶一覧 康藝銘茶一覧 ショッピング 会社案内 メディア掲載
 

CROESUS
クロイソスとは、紀元前500年頃のリディアの王様の名前です。 as rich as Croesus「莫大な富を持っている」という表現があるように大富豪の代名詞として知られています。
多くの方に優雅で贅沢な時間を工芸茶と共に過ごしていただきたいという気持ちを込めてブランド名と致しました。
ブランドコンセプト「クロイソスタイム」

弊社の提案するブランド「クロイソス」は、ストレスを感じる事の多い生活でひと時の安らぎと贅沢な時間、 自分へのご褒美のお茶の時間「クロイソス・タイム」の演出をテーマとしております。
中国四千年の歴史を背景に近年創り出された工芸茶。日常生活に無理なく取り入れて頂ける様、 ヨーロピアンオーセンティック&オリエンタルモダンのテーストを融合させて、より洗練されたティータイムとしてご提案致します。
「クロイソス」は、それを手にするだけで満足のいく、贅沢でゆとりのあるようなアイテムをお届けしてまいります。

工芸茶とは

工芸茶は、一つ一つ職人が丹精込めて手作りした芸術品です。 手摘みの一枚一枚の茶葉を手で揉んで、一本の糸のように伸ばします。 それを糸で束ね中に漢方効果のあるお花を入れ、包み込むように略円形に整えます。
手をかけて作られた工芸茶は、ガラスのポットにお湯を注ぐと、 ゆっくりとその一本一本の茶葉が開き中から色鮮やかなお花が顔をのぞかせます。
ゆったりとした時間とドラマティックな演出を楽しめます。 さらにジャスミンの芳香や緑茶の深い味わいも同時に楽しむことができます。

工芸茶の由来

工芸茶は1986年安徽省黄山の汪芳生氏によって発案され、 中国では主に外交用の献上品として使われてきました。
一般的には工芸茶と呼ばれていますが、汪氏は体にも良くて芸術的に価値があう銘茶であるという意味を込めて「康藝銘茶」と呼んでいます。

ご提案
シチュエーション/演出

ホテルのランチや、親しい友人同士のお茶会、ご自宅でのホームパーティなど、 また、そのフォルムの美しさから、結婚式の披露宴など、華やかな宴席でも、お楽しみいただけます。 また、旅館での最初のおもてなしの一服に、お勧めのお菓子と一緒に味わうことも素敵な演出になると思います。

ガラスのティーポットに工芸茶を入れる、また、その工芸茶にその日の体調にあわせて、 薬膳食材をブレンドすることで、疲労回復やストレス解消などの効果も期待できます。 ティーキャンドルとポットウォーマーで、じっくりと何度でも楽しめます。

おいしい飲み方
1. 温めた耐熱性のガラス容器に工芸茶を1つ入れます。
2. 沸騰したてのお湯を注ぎ、できれば蓋をして2-3分待ちます。
3. 工芸茶1つで2-3名分です。指し湯をしながら3煎目まで美味しく召し上がっていただけます。
*  お茶として楽しんだ後、ワイングラスに入れて水を注いで下さい。
    テーブルの上に飾っても楽しめます。
工芸茶を知り尽くしたクロイソスのオリジナルグラスなら、 沸騰したお湯を注いで蓋をするだけで上手に蒸らすことができ、工芸茶が美しく開花します。
またグラスが二重構造のため表面が熱くなりません。 グラスを手にとりながら優雅に浮かぶ工芸茶の姿、香、味わいまでも心ゆくまで愉しんでいただけます。
オンラインショッピングで購入していただけます。
>Shopping Pageへ